メルケット/R18への取り組み

メルケットにおける、R18への取組と考え

R18表示を求める場合、問い合わせとして、「R18の具体的な線引き主催者側で提示して欲しい」という声が、イベント参加者の一部からの要望として最も多い問い合わせであろうと想定しております。

主催者側で一定のラインを決めてしまえば解りやすくなるかもしれません。

「具体的な線引き」を定めていません。それには大きく3つの理由があります。

①該当条例が「その作品の内容」を対象としていることにあります。
単純に「場面描写」だけを判断基準にするわけではありません。無限にしかも慎重さを要する作品内容に画一的な基準をあてはめて、規則適用するのは、大幅な表現の萎縮を招きます。

②該当条例には「※(この条例)の適用にあたっては、県民の権利及び自由を不当に侵害しないように留意しなければならない」ともあり、安易な線引きはできません。この一文は表現者には、大切な権利であり、作者自らが放棄してはいけないと考えています。(※引用:富山県青少年健全育成条例 第2条)

③最も重要なポイントとして「発行責任」の存在があります。
これは、発行人であるサークル各自が責任を持って行わなければいけないことです。この責任は、作者のプライドでもあり、大切な権利でもあります。「作者」は「作品」を作る「人」であり、「作品」は「作者」が作った「物」です。さらに当たり前の話を続ければ「作品」を触れるのは「作者」でこそなければいけません。

このような理由から、当主催者では、「具体的な線引き」を定めず、最初に、「作者」が「作品」に対して責任を持って(この場合、R18であるか否かを)ご判断いただきます。
もちろんその上で、初めて「主催者」が(「作品」に対してではなく)「作者」に対して、開催上必要な範囲で個別の指導ができるもと認識しております。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.